慶應義塾大学理工学部 情報工学科

2016年5月27日(金)

6月3日 情報工学講義 16:30-18:00 14-201教室

6月3日 情報工学講義 16:30-18:00 14-201教室
講師:イーソリューションズ(株) 代表取締役社長 佐々木 経世
演題:ソリューションズビジネスの最前線

2016年5月21日(土)

5月27日 情報工学講義 16:30-18:00 14-201教室

5月27日 情報工学講義 16:30-18:00 14-201教室
講師:北海道大学 教授 小野 哲雄
演題:ヒューマンエージェントインタラクションの現状と未来

2016年5月15日(日)

5月20日 情報工学特別講義

5月20日 情報工学講義 16:30-18:00 14-201教室
講師:三菱電機株式会社 情報技術総合研究所 部長 米田 健
演題:先端エレクトロニクス製品アーキテクチャ講座(仮)

2016年5月6日(金)

5月13日 情報工学特別講義

5月13日 情報工学講義 16:30-18:00 14-201教室
講師:株式会社レコチョク 稲荷 幹夫 様
演題:新技術を実用化する考え方

2016年4月23日(土)

5月6日 情報工学特別講義

お知らせ内容
5月6日 情報工学講義 16:30-18:00 14-201教室
講師:筑波大学 助教 大澤 博隆
演題:知能が作る社会・社会が作る知能:ヒューマンエージェントインタラクション

2016年4月11日(月)

4月22日 情報工学講義

4月22日 情報工学講義 16:30-18:00 14-201教室
講師:情報工学科助教 杉浦裕太
演題:生活インタラクション

2015年8月2日(日)

9月8日14:00-セミナールーム1で英国Imperial Collegeの吉田展子教授による特別講演が行われます。皆様のご聴講をお待ちしています

Multiparty Session Types and their Applications

http://mrg.doc.ic.ac.uk/

Abstract: In this talk, I give a summary of our recent research developments on multiparty session types for verifying distributed and concurrent programs, and our collaborations with industry partners and a major, long-term, NSF-funded project (Ocean Observatories Initiatives) to provide an ultra large-scale cyberinfrustracture (OOI CI) for 25-30 years of sustained ocean measurements to study climate variability, ocean circulation and ecosystem dynamics. I shall first talk how Robin Milner, Kohei Honda and Yoshida started collaborations with industry to develop a web service protocol description language called Scribble and discovered the theory of multiparty session types through the collaborations. I then talk about the recent developments in Scribble and the runtime session monitoring framework used in the OOI CI. Finally I summarise our recent other results on Multiparty Session Types.

2015年6月19日(金)

2015年6月26日 第十回目 情報工学講義

6月26日 第十回目 情報工学講義 16:30-18:00 14-201教室
講師:アキュフェーズ株式会社 顧問 高松 重治
演題:サウンド温故知新

2015年6月15日(月)

2015年6月19日 第九回目 情報工学講義

6月19日 第九回目 情報工学講義 16:30-18:00 14-201教室
講師:National University of Singapore Professor Pooi-Yuen KAM
演題:AM versus FM transmission technologies – Signal-to-noise ratio versus bandwidth interchange

1 2 3 4