慶應義塾大学理工学部 情報工学科

2013年12月25日(水)

大槻研究室で開発したWi-Fiを用いたセキュリティシステムが,雑誌アスキークラウドに取り上げられました

大槻研究室で開発したWi-Fiを用いたセキュリティシステムが,雑誌アスキークラウドに取り上げられました.

http://ascii.jp/elem/000/000/851/851375/

アスキークラウド2014年2月号(12月24日発売)

AC1402_cover_360x

特集

研究者18人に聞いた

日本の先端技術

慶應義塾大学 稲見昌彦教授のび太になりたくて「光学迷彩」

慶應義塾大学 大槻知明教授泥棒発見! Wi-Fiが防犯カメラに

慶應義塾大学 田中浩也准教授3Dプリンターで製造業は救えない

Column 東京工業大学 中本高道教授 「においの錬金術師」の嗅覚センサー

東京農工大学 田中雄一准教授グラフ信号処理で圧縮後も美しい画像

Column 東京大学 森川博之教授 世界をセンサーで埋め尽くせ

東京理科大学 入山聖史講師10万ビットの爆速暗号

慶應義塾大学 桂 誠一郎准教授書家もガクガク 直筆手書きロボ

東京工業大学 長谷川 修准教授人工脳細胞でコピーロボット

東京大学 年吉 洋教授グリグリ回さず血液ドロドロを撮影

東京大学 竹内昌治准教授血糖値が高くなると光るゲル

東京大学 石井和之教授ビタミンCで自宅がん検査

東京大学 染谷隆夫教授ロボットの皮膚にも感覚器官

早稲田大学 岩瀬英治専任講師極小世界のもの作り

Column早稲田大学 武岡真司教授 手術痕残さないナノシート接着

早稲田大学 戸川 望教授雨の日でも太陽光で動くコンピューター

東京大学 川添善行講師消費電力3分の1の省エネ住宅

Column東京農工大学 中川正樹教授 数式まで手書き認識で赤ペン先生失業

 

2013年12月5日(木)

山中研究室が2013年11月25日神奈川新聞に掲載されました。

「使用電力自動で制御」
山中研究室が通信ネットワークを利用して家庭内の電力使用量を自動的に標準化するシステムを開発した。使う時間帯を分散させ、ピーク時に必要な電力量を抑制。実用化されれば、1日の最大使用量を想定して進められるエネルギー政策の転換を促すことにもなり、無駄な電力をつくらずに済むようになる。

2013年11月11日(月)

山中研究室では,11月17日からワシントンDCで開催される,MPLS/SDN2013で最新の低消費電力型のクラウド技術をデモンストレーションします.

山中研究室では、11月17日からワシントンDCで開催される、MPLS/SDN2013で最新の低消費電力型のクラウド技術をデモンストレーションします。

本年度は、
「Elastic Lambda Aggregation Network (EλAN)」と
「Energy Efficeint and Enhanced-type Data Centric Network (E3-DCN)」
の2つのテーマについて、研究成果をデモンストレーション及びポスターにて発表いたします。

詳しくは

http://www.yamanaka.ics.keio.ac.jp/?p=4939

2013年11月5日(火)

杉本研究室と斎藤(英)研究室の合同チームが国際学生対抗バーチャルリアリティコンテストIVRC2013で総合優勝・Laval Virtual賞・Unity Technologies Japan賞・未来観客賞の栄冠を勝ち取りました.

10月24日から26日に日本科学未来館にて href="http://www.dcexpo.jp/">DCEXPO2013と併催された href="http://ivrc.net/2013/">IVRC2013決勝大会で,様々な空間へ没入してロープスライダーを楽しめる作品「Virtual Rope Slider」を実演展示した事が評価されました.副賞として賞金SIGGRAPH2014への旅費30万円(総合優勝)・フランスで開催されるLaval Virtual 2014への作品招聘(Laval Virtual賞)・Unity Store Credit Voucher $300(Unity Technologies Japan賞)・賞金1万円(未来観客賞)を獲得しました.

杉本研究室のリンクはこちら
Interactive Media Lab.
斎藤(英)研究室のリンクはこちら
Hyper Vision Research Lab.

2013年11月5日(火)

杉本研究室のM1島村奨君が国際会議Cyberworlds2013でBest Poster Awardsを受賞しました.

10月21日から23日に慶應義塾大学日吉キャンパスで開催された国際会議Cyberworlds 2013で,杉本研究室のM1島村奨君らのハンドヘルドデバイスを用いた自由断層表示インタフェースに関する発表が評価され,Best Poster Awards (WORKS CORPORATION INC. Prize)を受賞しました.

Poster Title:
Virtual Slicer: Development of Interactive Visualizer for Tomographic Medical Images based on Position and Orientation of Handheld Device
Sho Shimamura, Motoko Kanegae, Yuji Uema, Masahiko Inami, Tetsu Hayashida, Hideo
Saito and Maki Sugimoto

杉本研究室のリンクはこちら
Interactive Media Lab.

2013年10月11日(金)

山中先生が11月7日開催された、東陽ソリューションフェアで「M2M技術による新しいビジネスの可能性」を基調講演しました.

山中先生が11月7日開催された、東陽ソリューションフェアで「M2M技術による新しいビジネスの可能性」を基調講演しました。

11月7日木曜日10:30に、東京駅徒歩5分の東陽テクニカでM2M技術による新しいビジネスの可能性-EVNO,電力マネージメントビジネス-を講演しました。
これは、M2M技術を世界でも先行して電力制御に応用し、そのビジネスチャンスまで示した内容で、現在もK2キャンパスで実験している内容を紹介しています。

http://www.yamanaka.ics.keio.ac.jp/?p=4932

1 26 27 28 29 30 31 32 33